カテゴリー
未分類

実際にホームセキュリティを導入した人の評価が気になる…口コミを調べてみた。

こんにちは。

ここ最近CMでもよく見かけるホームセキュリティ。

アルソックのCMが一番頭に残っているのですが、実際にいろいろ考えた結果、導入してみようと思います。

しかしホームセキュリティは、保険と似ているようで、何かあった時に被害を拡大させないようにするための自己防衛手段の一つにすぎません。

なので、完全に安心というわけではないと思うんですが、実際に導入している人はどういう感想を持っているのかなっていうのが気になりました。

そこで口コミをいくつか調べてみました。

 

口コミを検証!

 

いくつか口コミを調べてみましたが、全体的には「導入して良かった」という感想ばかりのようです。

「ボタンを押すだけですぐに駆けつけてくれるので、安心感が高い」とか、「ステッカーを貼るだけで防止効果があった」といったものが多く見られました。

正直、カメラとかをしっかりと設置して見張ってないと効果がないと思っていたんですが、「ステッカーがあるだけで防止になるんだなぁ」ってびっくりしました。

でも、よく考えたら、ホームセキュリティのステッカーが貼られていると、見張られているって感じるので、空き巣も入りづらいですよね。

ダミーのカメラとかを置いておくだけでも効果があるかなって思ってたんですが、偽物だとばれたらアウトですもんね。

それから、ボタンを押すだけで駆けつけてくれるっていうのも大きなメリットのようです。

空き巣じゃなくても、家族の誰かが急に体調を悪くしてしまった時、電話をかけるのは少し大変ですが、ホームセキュリティならボタンを押すだけで異常を感知してくれます。

そして、警備員が駆けつけてくれれば、すぐに見つけてもらうことができるので、大事にならずに済みます。

家族の安全を守れるっていうのも大きなメリットですね。

私は空き巣とかの為の予防って事だけを考えていたので、なるほどなって思いました。

 

ホームセキュリティの情報満載のサイト

 

私がここまでホームセキュリティに関する情報を得ることができたのもおうちの安心守るナビというサイトを見つけたからです。

このサイトには、ホームセキュリティの選び方、評判、使い方などが全部載っていたので、すごく役立ちました。

どこのホームセキュリティがおすすめなのかをも載っているので、比較するのには十分でした。

ホームセキュリティを導入するか検討している人は、是非一度読んでみてください。

知りたい情報がすぐに見つけられると思いますよ!

カテゴリー
未分類

自作できるホームセキュリティとは?

こんにちは。

ホームセキュリティに関して調べていると、自作できるホームセキュリティっていうのがありました。

自分で、カメラを作ったりするのかなって思ったんですが、そういうことではないみたいですね。

自分でできる防犯対策を施していくって事みたいです。

そのやり方が「なるほどね」って思えたので紹介しますね。

窓ガラスにストッパーを増やす

空き巣の手口の中でも特に多いのは、「窓ガラスの一部を割ったりくり抜いたりして、開いた穴から手を入れてカギを開けて侵入する」という方法です。

そもそも窓ガラスを割れにくいガラスに変えるっていう手もあるにはありますけど、それだとお金が結構かかってしまいます。

なので、低予算でできることとして、ストッパーの箇所を増やすっていうのがあります。

補助錠の特徴というのは、小さくて目立ちにくいということです。

また、設置も楽なので、初心者でも簡単にできるんだとか。

予算も1,000円くらいあればできます。

空き巣は外で怪しい動きをしていると周りの人に怪しまれるので、侵入に5分以上かかると犯行を諦める確率がぐっと上がります。

なので、窓ガラを割られ、鍵を開けられてとしても、補助錠を付けていればその段階ではまだ侵入ができません。

仮に空き巣が補助錠に気が付いたとしても、解除には比較的時間がかかるので、侵入されない可能性が高いのです。

次に、窓が開いた時に音がでる防犯ブザーを設置する方法です。

ホームセキュリティは、異常があった時、警備員が駆けつけてくれますけど、自作ではそうはいきませんよね。

自分で気が付くか、周りが気が付いてくれないといけません。

そこで使えるのが、防犯ブザーです。

防犯ブザーは、窓が開いたことを察知すると大音量でブザーが鳴るようになっています。

大きな音を出すということのメリットは、犯人が驚いて逃げる可能性があることと、周囲の人に不審者が侵入したことを知らせることができることです。

ブザーが鳴ると、うるささで周りの人が外に出てきてくれる可能性があります。

そうなると、犯人は姿を見られてしまうので、逃げていく可能性があります。

そうすれば、空き巣に入られる確率はぐっと下がります。

こうやって、自作で防犯対策をすることで、お金をかけずに空き巣から守ることができるので、これはとりいれたいですね。

ただ、心配は残るので導入しながらももう少し考えようと思います。